2つのクラシックスロットマシンの特徴

おすすめの画像 2つの古典的なスロットマシンのハイライト 665x420 - 2つのクラシックスロットマシンの特徴

1891年、ニューヨーク州ブルックリン出身のジットマン氏とピット氏は、現代のスロットマシンに近いギャンブルマシンを作り出しました。人気カードゲームであるポーカーを基盤として作られており、すぐに市内の多くのバーで人気を集めるようになりました。マシンは50枚のカード面とレバーを持っていて、プレイヤーはコインを入れてレバーを引き、ポーカーの良い組み合わせが出ることを祈るのです。景品はバーでもらえるビールかタバコといったものに過ぎませんでした。

1963年、エンターテイメント企業のバーリー社は「Money Honey」を開発しました。これは最初のエレクトロメカニカル回路を導入したもので、実際に現金を出金することができました。ここで取り上げるクラシックスロットマシンは、こうした発明がベースとなっています。さっそく見てみましょう。

Blazing 7s

投稿画像 2古典的なスロットマシンのハイライト 燃える7 s - 2つのクラシックスロットマシンの特徴

最もよく知られるスロットマシンの一つがクラシック777ジャックポットです。7の数字が3つ揃うのはとんでもない幸運で、考えるまでもなく大当たりなのです。Blazing 7sは今でも置いているカジノやバーがあるくらい、大変人気のマシンです。

このマシンを見抜くのはとても簡単です。大当たりになると数字の7が火を吹いた状態になります。通常は、「バー」や「ブランク」、また他の絵柄すべての組み合わせを見ることになるでしょう。

フルーツマシン

投稿画像 2古典的なスロットマシンのハイライト フルーツマシン - 2つのクラシックスロットマシンの特徴

カジノに行ったことがあるなら、このマシンを見ている可能性が高いです。フルーツマシンはフルーツの絵柄が描かれたスロットで、他のスロットマシンと比べてずっと健全そうに見えます。遊ぶのもとても楽しく、クラシックマシンのように作動します。レバーもついているので、それを引いて運試しをすることもできます。

スロットマシンは世界中で異なる名前で呼ばれています。イギリスでは、スロットマシンは一般的にフルーツマシンと呼ばれます。プレイヤーがさくらんぼの絵柄(または「バー」の絵柄)を3つ揃えたら大当たりです!

これらのクラシックマシンは、さらに複雑なスロットマシンゲーム開発の源となりました。カジノには他の現代的なマシンが多くあるにも関わらず、熱狂的なファンはいまだにこれらのマシンで遊んでいます。

懐かしい記憶を運んでくれるクラシックマシンで、ぜひ遊んでみませんか?

You may also like